茅野駅から歩いて4分!茅野市で唯一の映画館。野外映画や移動映写サービスも行っています。
| お勧めのこの一本 | シネマグッズコレクション | シネマネタばれBBS | リンク |
更新日


 ※下記の映画は上映終了後、すべて入れ替え致します。
 
 
 当館は2013年10月に閉館致しましたが、映画企画や、貸しホールなど利用していただくようになりました。
 
 
新型コロナウィルス感染予防対策の取り組みとお客様へのお願い
     
【お客様へのお願い】


・マスクの着用を必ずお願いします。
・ご入場の際には手指アルコール消毒液をご利用ください。
・窓口では間隔を空けてお並び下さい。
・館内の座席は、入場者数を制限して上映します。
・指定の座席のみのご利用をお願いします。
・咳エチケットへのご協力をお願いします。
・体調に不安のある方は、ご来場をお控え頂きますようお願いします。




【当劇場の感染防止対策】


・定期的な消毒作業を行います。
・各上映は座席間隔をあけ、入場者数を制限して上映します。
・上映終了後は、場内の換気を行います。




何卒ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。






『奇跡との出会い。─心に寄り添う。3─』 2020年9月11日(金)~17日(木)
     

■上映期間
 9月11日~9月17日

■上映時間


 第一回 (土・日のみ)
  10:00 ~ 11:50

 第二回
  13:30 ~ 15:20
 
 
 末期ガンが消えた。心筋梗塞が治癒した。脳挫傷からの奇跡の生還。死んだはずの娘が祈りによって息を吹き返した──。
現代医学の「常識」を超えた奇跡を体験した人びと。奇跡とはなにか。どんな人が奇跡と出会ったのか──。
その真相を探るため、女優・希島凛と俳優・市原綾真が、幸福の科学で実際に起こった1,200件を超える奇跡の事例を調査し、体験者たちにインタビューを試みる。
その触れあいの中でふたりは「信じることの大切さ」や「祈りの力」、そして「神の存在」に気づいていく。
病気や人生の不幸の意味とは?本当の愛とは?人間は何のために生きているのか?
目に見えない恐怖と世界が戦っている今だからこそ、すべての人に観てほしい神秘的な感動のドキュメンタリー映画が誕生した。
 
 

出演:希島凛、市原綾真
スタッフ
企画:大川隆法
監督:奥津貴之
音楽:水澤有一
『人生をしまう時間(とき)』 2020年9月21日(月)・22日(火)
     

■上映期間
 9月21日・22日

■上映時間


 第一回
  10:00 ~ 11:50

 第二回
  13:30 ~ 15:20
 
 
 超高齢化が進み、やがて多死時代を迎える日本。近年、国は医療費抑制のため終末期医療の場所を病院から自宅に移す政策をとってきた。同時に、家族に看取られ、穏やかに亡くなっていくことを目指す「在宅死」への関心が高まっている。しかし、家族との関係や経済力など事情はそれぞれ。「理想の最期」の前に、厳しい現実が立ちはだかることもある。
都会の片隅で、「在宅死」と向き合うベテラン医師がいる。埼玉県新座市の「堀ノ内病院」に勤める小堀鷗一郎医師、80歳。森鷗外の孫で、東大病院の名外科医だった彼がたどりついた最後の現場が、在宅の終末期医療だった。患者と家族とともに様々な難問に向き合い、奔走する医師や看護師、ケアマネージャーたち。一人ひとりの人生の終わりに、医療に何ができるのか。映画は、地域の在宅医療に携わる人々の活動に密着し、命の現場を記録した。
 
 
監督:下村幸子
キャスト:小堀鷗一郎 /堀越洋一

2020年9月 10月 11月
奇跡との出会い。─心に寄り添う。3─
 
  人生をしまう時間(とき)
  
 
 
 
 
'
ベルビア地下駐車場また市営駐車場が3時間無料となります。

野外映画館 移動映写サービス
夏のみ開催
「星空の映画祭」
2016年も開催します。。

開催スケジュール等はこちら

お祭りや町のイベント等に、プロの映写スタッフが主に長野県内へ出張致します。

詳しくはこちら

当館が推薦するお勧めの映画
洋画、邦画問わず幅広く紹介していきます。
秘蔵コレクションを紹介
限定物や非売品など・・・なかなかお目にかかれませんよ。要チェック!
映画に関するちょっとした「ネタ」
噂やみんなが知らないことなどを書き込もう!
茅野新星劇場へのお問い合わせは
メール又はお電話にて

メールでのお問い合わせ→こちら
〒391-0005 長野県茅野市仲町9-15
休館日 / 毎週木曜日
営業時間 / 9:00~20:00
電話番号 / 0266-72-2310